不動産

注意点

電卓の数字

一般的に、不動産の売買において仲介した不動産業者には仲介手数料が発生します。 それが、主な収入源となります。 しかしながら、最近はこの仲介手数料無料とする不動産業者が増え始めています。 仲介手数料はかなりの金額になる為、仲介手数料無料は非常に魅力的なキャッチフレーズとも言えます。 ちなみに仲介手数料の計算方式は、物件価格×3パーセント+60000×消費税となっています。 もし物件価格が3000万円なら仲介手数料は約103万円となるのです。 業者客付けではない場合、買主と売主の両方に仲介手数料が発生するので約200万円の収入になります。 ですが仲介手数料無料の場合は、売主の方からだけ仲介手数料を取るため買主は仲介手数料が無料になるのです。 この仲介手数料無料の場合は嬉しい反面、気をつけなくてはならない部分もあります。 例えば、違う項目で手数料を取る場合や手続きなどにノータッチというケースが多く見られます。 仲介手数料を払わないで済む分、様々なポイントで注意が必要と言えるのです。

物件を購入する際、仲介手数料は払わなければならない訳ではありません。 売主・買主の間に不動産業者がたち、仲介している場合に仲介手数料が必要なのです。 ですから、不動産業者が売主の場合には仲介が必要ではないため仲介手数料が元々無いと言えるのです。 所謂、社有物件(自社物件)と呼ばれるものです。 これは、元々の売主から不動産業者が買取り、内装リフォームなどを施し付加価値を付けて売り出している物件です。 仲介の場合は、ほとんどが中古物件です。 長く住み続けて、内装もぼろぼろとなった物件もあります。 もちろん自分でリフォームすれば良いのですが、知識が無いとそう簡単にはいきませんし、センスも問われます。 ですから仲介手数料も無料で、さらに綺麗にリフォームして売り出している社有物件が狙い目なのです。